雪道走行(登りと下り)体験談/FF車+スタッドレスタイヤ

1月中旬.、雪深い地方の山道、道路は全面凍結したアイスバーン状態。そしてカーブの多い下り坂。ゆっくりと下り坂を進んでいたところ、突然タイヤがロックした状態のまま滑り出しました。ブレーキは効きません。ハンドルを切っても車は思うように曲がらないコントロール不能の状態で車は滑り続けてコンクリートの壁に激突。 右前方のフェンダーを破損。ハンドルが大きく曲がりました。 スピードは20?30キロ程度だったと思います。たまたま対向車がいなかったのが不幸中の幸いで大きな事故にはなりませんでしたが、もし対向車がいたら・・・。タイヤはダンロップのDSXというスタッドレスタイヤで、車の駆動系はFF、ABSはついていませんでした。このタイヤは履いて2年目。1年目にも雪が降る1月の中旬ごろ、全面凍結した山を越える坂道を何度か通りましたが、そのときは多少振られることはあったものの特に大きな問題はありませんでした。ところが、その2か月後くらいに突然、タイヤがパンクして一度パンク修理をしました。単独事故でしたが一応警察に届け出をしてJAFを呼びました。ちなみに警察のレッカーは値段を聞くとみんなびっくりするそうです。

上り坂に関しては、多少後輪が空転するシーンはあったものの立ち往生するということは、とりあえずなかったです。急坂の途中のアイスバーンで車が停車した場合はどうなっていたか分かりません。雪道走行の経験がないときは、まず上り坂を心配することが多いですが、下り坂の方も怖いですよ。アイスバーンは傾斜のついた細いスケートリンクのような状態です。突然、ハンドルとブレーキが効かなくなると焦りますので、いざというときのために事前に対策を考えておいた方がいいかもです。

翌日、修理工場に車をもっていったところ、修理代として30万円以上はかかると言われました。年式も古く距離もかなり走っていたので、中古車情報サイトで調べると修理代とほぼ同じくらいの値段で同じ年式の同一車種が買えそうでしたので、修理はせずに車を買い替えることにしました。まだ車を買い替える予定ではなかったため完全に予定外の出費。そこであまり費用をかけないという前提で新しく車を探すことにしました。


雪道の怖さを今回はじめて知りました。タイヤがロックして車が滑り続ける状態がどんなものか・・・。雪道での登り坂と下り坂で車が滑っているの動画をいくつか見つけましたので、参考としてリンクを貼っておきます。

雪道下り坂のアイスバーン。事故多発

雪道下り坂にて。2代目の軽自動車に注目。タイヤがロックして滑り続けています。

4WDにスタッドレスタイヤを履いていても、すべるときはすべるようです。


TOP

体験談リンク

雪道走行(登りと下り)体験談/FF車+スタッドレスタイヤ中古車屋で車を試乗&確認するときのためのチェックシート中古車選びの基本テクニック中古車購入の体験談・口コミ事故車の売却/体験談・口コミ/